2014年06月17日

マライア・キャリー遂に!!!新作発表!

MariahCarey_JK_p.jpg
●アーティスト名:マライア・キャリー
●タイトル:ミー。アイ・アム・マライア
●レーベル:ユニバーサル・インターナショナル
●URL:http://www.universal-music.co.jp/mariah-carey/
●価格:2,646円
●発売日:2014年6月4日

待望のマライアのニューアルバム。「アルバムの裏側には私のパーソナルな宝物がある」と語っており、彼女が3歳半で描いた唯一の自画像が使用されているとのこと。この自画像のタイトルである“ミー。アイ・アム・マライア”(私。名前はマライア)が、アルバム・タイトルとして起用。3歳の双子のモンローちゃんとモロッカンくんが初参加!その他、メアリー・J. ブライジ、R.ケリー、ナズ、ミゲル、ワーレイ、ファボラス等、豪華アーティストが参加。日本盤ボーナストラック1曲収録!

MariahCarey _A_p.jpg
●アーティストプロフィール
デビュー曲「ビジョン・オブ・ラヴ」が4週連続全米NO.1獲得。セカンド・シングル「ラヴ・テイクス・タイム」も3週連続NO.1。デビュー・アルバム『マライア』をリリース、全米最高1位を獲得。
1991 2月、第33回グラミー賞でベスト・ニュー・アーティストとベスト・ポップ・ヴォーカル、フィメールを受賞。デビュー・アルバム『マライア』から4 曲の全米NO.1ヒットが生まれた。 日本では1994年シングル「恋人達のクリスマス」がTVドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌として使用された日本で空前のヒットとなる。

●収録曲
01. クライ。
02. フェイディッド
03. デディケイティッド feat. ナズ
04. ビューティフル feat. ミゲル
05. サースティー
06. メイク・イット・ルック・グッド
07. ユー・アー・マイン(エターナル)
08. ユー・ドント・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ feat. ワーレイ
09. スーパーナチュラル(スペシャル・ゲスト・スターズ:“デムベイビーズ”a.k.a. Ms. モンロー & Mr. モロッカン・スコット・キャノン a.k.a. ロックンロー)
10. メテオライト
11. カモフラージュ
12. マネー feat. ファボラ
13. ワン・モア・トラ
14. ヘヴンリー (ノー・ウェイズ・タイアード / キャント・ギヴ・アップ・ナウ)
15. イッツ・ア・ラップ feat. メアリー・J. ブライジ
16. ベッチャ・ゴン・ノウ feat. R. ケリー
17. ジ・アート・オブ・レッティング・ゴー
18. アメリカ・ザ・ビューティフル *
*・・・日本盤ボーナストラック




presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

世界的パーティーDJ、ファットボーイ・スリムによるブラジリアン・リミックス・アルバム

FatboySlim_jk_p.jpg
●アーティスト名:ファットボーイ・スリム
●タイトル:ファットボーイ・スリム・プレゼンツ・べン・ブラジル
●レーベル:ユニバーサルミュージック
●URL:http://www.universal-music.co.jp/fatboy-slim/
●価格:2,700円
●発売日:2014年6月4日

ワールドカップイヤー!!サッカー大好きなあの人が動かない訳がない!世界を代表するパーティDJ=ファットボーイ・スリムことノーマン・クックがジョージ・ベンやセルジオ・メンデスなどのブラジル音楽を、ファットボーイ流パーティ・チューンにリミックス。リオのカーニバルやFIFAの興奮を音楽で体現する!

FatboySlim_A_p.jpg
●アーティストプロフィール
イギリス出身のミュージシャン、DJ、アーティスト。イギリスをはじめとする世界的音楽シーンを股にかけて活躍するビッグビートの主要アーティストの1人でイギリスポピュラー音楽(主にテクノ・ハウス方面)の第一人者として音楽活動を行う。

●収録曲
CD 1 – PARA NOITE (夜)
01.グレゴール・サルト(feat. サックスシンボル&トドロフ)「サンバ・ド・ムンド」 / Gregor Salto (feat. Saxsymbol & Todorov) - Samba Do Mundo
02.ジョルジ・ベンジョール「タジ・マハール –フェルグック・リミックス」 / Jorge Ben Jor - Taj Mahal - Felguk Remix
03.DJフレッシュ v ファットボーイ・スリム「マガレーニャ」 / DJ Fresh v Fatboy Slim – Magalenha – DJ Fresh Remix
04.ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク、ディプロ&ファットボーイ・スリム(feat.ボンヂ・ド・ホレー&ピン)「エパヘイ」/ Dimitri Vegas & Like Mike, Diplo & Fatboy Slim (feat. Bonde Do Role & Pin)– Eparrei
05.アゴーラ「セレブレイション・スイート −ジョーイー・ネグロ・ミックス」 / Agora - Celebration Suite - Joey Negro Mix
06.グレゴール・サルト(feat.メリッサ・フォンチス)「マダレーナ −グレゴール・サルト・リミックス」/ Gregor Salto (feat. Melissa Fortes) - Madalena - Gregor Salto Remix
07.エリス・レジーナ「オ・カヴァレイロ・イ・オス・モイーニョス −ユセフ・リミックス」/ Elis Regina - O Cavaleiro E Os Moinhos - Yousef Remix
08.リオ・ショック「センスアリザール −ナーヴォ・リミックス」/ Rio Shock - Sensualizer - NERVO Remix
09.ファットボーイ・スリム「エヴリバディ・ラヴス・ア・カーニヴァル」 / Fatboy Slim - Everybody Loves A Carnival
10.フェッド・ル・グランド「プット・ユア・ハンズ・アップ・フォー・ブラジル −ファットボーイ・スリム・エディット」/ Fedde Le Grand - Put Your Hands Up For Brasil - Fatboy Slim Edit

CD 2 – PARA DIA (昼)
01.トスカ「シュトゥットガルト −ジョン・ディグウィード&ニック・ミュアー・リミックス/ Tosca – Stuttgart - John Digweed & Nick Muir Remix
02.ファットボーイ・スリム「ウェッポンズ・オブ・チョイス」(ヴェラォン・サルヴァドール feat. オロドゥン)/ Fatboy Slim - Weapon Of Choice (Versão Salvador feat. Olodum)
03.エミペーベー・クアトロ「アジボレー −DJマーキーズ・イェ・メレ・リワーク」 / MPB4 – Agiborê - DJ Marky's Yê-Melê Rework
04.ジルベルト・ジル「マラカトゥ・アトミコ −グレッグ・ウィルソン&デレック・ケイ・リミックス」/ Gilberto Gil - Maracatu Atômico - Greg Wilson & Derek Kaye Remix
05.ジルベルト・ジル「トーダ・ミニーナ・バイアーナ −アシュレー・ビードルズ・ブラック・バイーア・リワーク/ Gilberto Gil - Toda Menina Baiana – Ashley Beedle’s Black Bahia Rework
06.ジョイス・モレーノ「アルデイア・ヂ・オグン −サイケマジック・リミックス / Joyce Moreno - Aldeia De Ogum - Psychemagik Remix
07.ベベート「プリンセーザ・ネグラ・ヂ・アンゴラ −ドーリー・リミックス」/ Bebeto - Princesa Negra De Angola - Doorly Remix
08.カール・コックス「キーピー・ウッピー」 / Carl Cox - Keepee Uppee
09.リヴァ・スター(feat. エルザ・ソアレス)「ケブラ・ラ・キ・エウ・ケブロ」/ Riva Starr (feat. Elza Soares) – Quebra La Que Eu Quebro
10.アンドレ・アブジャムハ「オリージェン −クロード・フォンストローク・リミックス」/ André Abujamra – Origem - Claude VonStroke Remix




presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

ケツメイシ インタビュー vol.2

KTM_ROTS_JK_p.jpg
●アーティスト名:ケツメイシ
●タイトル:RHYTHM OF THE SUN
●レーベル:avex trax
●URL:http://www.ketsume.com/
●価格:1,800円+税
●発売日:2014年6月11日

KTM_ROTS_A_p.jpg

──撮影現場の和やかな雰囲気が伝わってきました。

RJ:「ミスター社交マンこと、DJ KOHNOが頑張って場を盛り上げてくれてね。最後には全員が自然な笑顔をみせているなって思いました」
K:「でも、例えば参加しているダンサーさんに僕らが何か要求やアドバイスをしてしまうと、カドがたつこともあるんですよ。そういう時に、アイヴァンさんが女の子のノリで『ちょっと何しているのよ!』と言ってくださったりとかして、撮影現場の雰囲気を和やかにしていただいて、助かりましたね」
D:「本当、アイヴァンさんには今回助けられました」
RY:「メロディー洋子さんも、とても心遣いの細かい方で、助けられましたよ。また、お二人ともマネージャー抜きにも関わらず、撮影の打ち上げにまで参加してくださるノリのよさもあるし。アイヴァンさんとは、ホテルの部屋飲みしちゃったくらい(笑)。本当に楽しくて、出演者・スタッフ全員でひとつの作品を完成させた達成感を感じた撮影でした。あと、僕の右隣にいたダンサーの女の子が、すっごくかわいかったなぁ……」


──(笑)。また、今回はいろんなシーンで構成されているのが印象的でしたね。

RJ:「珍しく衣装チェンジもしてね。1日終日撮影に費やしたのって、久しぶりだったかも(笑)。そのぶん、見栄えのよい仕上がりになったと思います。頑張った甲斐あったかなって」
D:「まぁ、他のアーティストさんは何日もかけるんでしょうが……」
RJ:「でも改めて観ると、大蔵の格好が一番映えるなって。現場では、派手すぎるって思いましたけど、完成したのを観て自分たちが地味すぎるんだって(笑)」
D:「僕ひとりだけ、室内で女性出演者さんと絡むシーンがあったので。これくらいの派手さがないと、負けてしまうと思って(笑)」
RJ:「演技力も光っているしね。さすが役者志望!(笑)」


──初回盤のDVDには、このMVはもちろん、メイキング映像も収録されているので、それもあわせてチェックですね。そんな映像も含め、「RHYTHM OF THE SUN」では、4人が集結することで生まれる勢いや楽しさを感じることができたと同時に、この夏はどこか楽園でバカンスしてみたいという気分にもさせられました。

K:「この曲をきっかけにいろんな場所に遊びに行って、日本の経済を活性化させてほしいですよね」
RJ:「日常とは違う世界に身を置くというのは、面白いと思うんです。規模は小さくても、今日はリゾート気分になりたいとか。そう思った瞬間にこの曲のことを思い出して聴いてもらえたら、いいのかなって思いますね」
D:「またワールドカップ直前のリリースですし、その雰囲気にもあうのかなって」


──またカップリングには、この楽曲のリミックス「RHYTHM OF THE SUN(STUDIO APARTMENT Remix)」が収録。

RJ:「STUDIO APARTMENTさんは、ラテンハウスが得意なDJであることを知っていたので、やってみませんか?と声をかけさせていただいたんです。リミックスを手がける前に、イビザ島でDJをしていた影響か、その勢いが残った、攻めの仕上がりになっているなって思いました」
D:「オリジナルとは異なるタッチになっていて、驚かされましたし、いい仕上がりになっていると思いましたね」


──オリジナルが野外で太陽の下で騒ぐという印象なら、リミックスはミラーボールが太陽になった雰囲気ですね。

K:「確かにミラーボールが太陽になっている感じがしますよね。これも、クラブで曲と曲を結ぶ存在となるような仕上がりになっているなって」
RY:「またクラブだけでなく、この間夜のドライブ中に聴いていたんですけど、そこでもぴったりハマりましたよ。夜感のある仕上がりになっていますよね」


──他にもカップリングには、前作同様ソロ曲が収録されています。今回はRYOJIさんの楽曲「8月の雨」も。

RJ:「(ソロ曲って)意外と難しいものですよね。他人に楽曲を提供したりするのは、責任をすべて負わなくてもいいという気持ちがあるんですけど、自分のみで曲にアクをつけたり、メリハリを効かせることって、本当に大変だって気づかされました。いい経験をさせてもらいましたね」


──やはり、ひとりですべてを完成させるのは、いつもの作業とは違いがあるんですね。

RJ:「大塚亮二(本名)名義だったら、もっとやりようはあるんでしょうけど、ケツメイシとしてのソロ曲なので、難しい部分はありますよね。いつも二人のラッパーに対峙するヴォーカルという役割なので、今まで他でまかなっていた部分を一人でどう補えばいいのか?ということも考えたところはあります」


──楽曲に関しては、タイトルにもありますが夏の終わりのせつなさを感じるセンチメンタルな世界に。

RJ:「賑やかな世界の裏の部分を表現したかったというか。例えば、友人と旅行をしていたとしても、必ずしも全員が全員同じ楽しさを共有できている訳じゃないと思うんです。せつなさや寂しさを抱えている人もいるんじゃないかって。だから、そういう賑やかな場所に行けば行くほど、孤独感を味わう人もいるんじゃないかっていう心境を描きたかった部分があります。一人で聴いてもらえる曲になってくれたらいいなって思って作りました」


──また、どこか懐かしい匂いのするメロディやサウンドですね。

RJ:「90年代の歌謡曲を意識しながらも、ケツメイシ的なリズム感もある仕上がりになっていると思います。要は、自分がカラオケで歌えるような曲を作りたかったんですよ。でも8月ってタイトル付けちゃったんで、季節限定なんですけど(笑)。まぁ、2月でも8月の気分で歌っちゃえばいいのかなって」


──続いて収録されているのは、大蔵さんの「Surf Beat」。

D:「今回は夏のリリースになりますし、トラックにあるギターのリフが海を連想させるもの、しかも自分の趣味がサーフィンだったので、それをテーマにした曲を作ってみようと思い、完成させた曲ですね」


──ハワイの海を連想させる仕上がりですね。

D:「最初は日本を連想させる海をイメージしようと思ったんですけど、音の雰囲気とあわずに、以前ハワイへ行った時のことを思い出しながら完成させましたね。結果『RHYTHM OF THE SUN』はラテンだったのに、この曲では別の場所へ行ってしまいましたが(苦笑)」

次回へ続く




presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 10:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。