2013年04月12日

今ここにある日常こそが“Beautiful World"なのではないか?

lovepsychedelico_itbw_JK_p.jpg
●アーティスト名:LOVE PSYCHEDELICO
●タイトル:IN THIS BEAUTIFUL WORLD
●レーベル:ビクターエンタテインメント
●URL:http://www.lovepsychedelico.net/
●価格:[初回盤] 3,675円(税込み)/[通常盤] 3,045円(税込み)
●発売日:2013年4月17日

3年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムだけに映画『任侠ヘルパー』主題歌やCX系ドラマ「絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜」メインテーマなどすでにお馴染みとなっている楽曲も多数収録された作品。モノクロのインパクトあるジャケット写真はLOVE PSYCHEDELICO1st,2ndアルバムのアートワークを手がけた藤川コウさんによるもの。それだけでもワクワクしてしまう。アートワークだけでなく楽曲も「もう一度スタートに戻れたようなフレッシュな感覚」(KUMI)を感じることができるデリコワールド炸裂作品となっている。

lovepsychedelico_itbw_A_p.jpg
●アーティストプロフィール
2000年4月『LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜』で衝撃的なデビューを果たし、音楽業界を震撼させた。 もはや"DELICO SOUNDS"という言葉すら浸透しており、その根幹はNAOKIの印象的なリフと、日本語と英語が自然な形で行き交う独特な歌詞・存在感あるKUMIのヴォーカルスタイルにある。

●収録曲
01. No Reason
02. Calling You
03. Beautiful World
04. Shining On
05. It's You
06. It's Ok,I'm Alright
07. Good To Me (Album Version)
08. Almost Heaven
09. Good Days Ahead
10. Dry Town ~Theme Of Zero~
11. Favorite Moment
12. Bye Bye Shadow



音源の視聴は下記からお願いします
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A014319.html





presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

岡村孝子、デビュー30周年!!メモリアルオリジナルアルバム

okamuratakako_nrnr_JK_p.jpg
●アーティスト名:岡村孝子
●タイトル:NO RAIN, NO RAINBOW
●レーベル:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
●URL:http://www.okamuratakako.com/
●価格:3,150円(税込み)
●発売日: 発売中

約1年半ぶりとなる17thアルバムは、2012年『Christmas Picnic』で初披露された表題曲「NO RAIN, NO RAINBOW」をはじめとする新曲8曲に加え、自身のセルフ・カヴァー「青い風 2013」、あみんの「時間の砂 2013」ソロ・ヴァージョンも収録した全10曲。
アルバムタイトル「NO RAIN, NO RAINBOW」はハワイの諺で「雨なくして、虹はなし」(雨が降らなければ、虹も出ない)という意味があります。「悪いことの後には、きっと良いことがあるよ」と、あるがままを全て受け容れながらも、また明日に向かって歩き出すしなやかな強さに溢れる、そんな岡村孝子からのメッセージが温かく心に響きます。

okamuratakako_nrnr_A_p.jpg
●アーティストプロフィール
1982年7月、“あみん”として「待つわ」でデビュー。楽曲が多大なる共感を得て、同年の第33回「NHK紅白歌合戦」にも出場する。1985年10月、アルバム「夢の樹」でソロデビュー。1987年リリースされたシングル「夢をあきらめないで」は超ロング・セールスを記録。この曲は中学校の音楽の教科書にも広く採用されている。1988年リリースされたアルバム「SOLEIL」から6作連続アルバムチャート1位を記録、「OLの教祖」とまで呼ばれ、多くの女性からの支持を集める。“あみん”デビュー25周年となる2007年、休止していた“あみん”の活動を再開。5月25日より全国ツアーをスタートする。

●収録曲
01. あなたにめぐりあう旅
02. ありがとう
03. 大切な人
04. NO RAIN, NO RAINBOW
05. 運命なら…
06. 時間の砂 2013
07. あしたの歌
08. ゴール
09. 青い風 2013
10. ふるさとにて





presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

唯一無二の「ザ・ストロークス」であり続ける最強の現在進行形!

TheStrokes_CdM_JK_p.jpg
●アーティスト名:The Strokes
●タイトル:Comedown Machine
●レーベル:ソニーミュージックジャパンインターナショナル
●URL:http://www.thestrokes.com/jp/home
●価格:2,310円(税込)
●発売日:発売中

歴史的名盤『イズ・ディス・イット』の大ヒットによって「時代」をつくったザ・ストロークス。そんな彼らの約2年振り通算5作目のスタジオ・アルバム。2000年代の3作、そして新境地へと果敢に挑んだ前作、そのすべてを経て、ロックンロール・バンドから表現者へ、ロックでありポップであり、バンド・サウンド、ジュリアンの声、その極限の細部に至るすべての面で進化を止めない、紛れもなく唯一無二の「ザ・ストロークス」であり続ける最強の現在進行形になるであろうと噂される新作。

TheStrokes_CdM_A_p.jpg
●アーティストプロフィール
ファブリジオ・モレッティ(Dr)、ニック・ヴァレンシ(G)、ニコライ・フレイチュア(B)、アルバート・ハモンド Jr. (G)、ジュリアン・カサブランカス(Vo)による5ピース・バンド。デビュー・アルバム『イズ・ディス・イット』を発表。後に「名盤」とよばれるこの作品からは「ザ・モダン・エイジ」「ハード・トゥ・エクスプレイン」「ラスト・ナイト」といったシングルヒットがうまれ、ツアーや確固たる世界観をもったメンバーのアティデュード、そしてなによりも世界中のファンの熱狂的なサポートによって、「本物の、そして歴史に残るロックンロール・バンドであり、これからの世代を担うバンド」「今のジェネレーション=“モダン・エイジ”のためのロックンロールはザ・ストロークスによって鳴らされている」という時代とその世代を象徴するバンドへと一気に上りつめた。

●収録曲
01. Tap Out
02. All The Time
03. One Way Trigger
04. Welcome To Japan
05. 80's Comedown Machine
06. 50/50
07. Slow Animals
08. Partners In Crime
09. Chances
10. Happy Ending
11. Call It Fate, Call It Karma
12. Fast Animals






The Strokes アルバム「comedown」
http://pitchfork.com/advance/48-comedown-machine/
上記から視聴してください





presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。