2013年03月10日

大御所も認めるUK国民的バンド「ステレオフォニックス」、移籍第1弾アルバム!!

Stereophonics_GraffitiOnTheTrain_JK_p.jpg
●アーティスト名:ステレオフォニックス
●タイトル:グラフィティ・オン・ザ・トレイン
●レーベル:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
●URL:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/stereophonics/
●価格:2,520円(税込)
●発売日:発売中

ジミー・ペイジ、ロジャー・ダルトリー、ポール・ウェラー、ロン・ウッドと錚々たる大御所アーティストにその音楽性を支持され、ワールドワイドアーティストとなっている彼ら。なんとこの度オアシスのギャラガー兄弟のマネジメント/レーベルに移籍したそう。その移籍第一弾アルバム。

Stereophonics_A_p.jpg
●アーティストプロフィール
ウェールズの小さな田舎町カマーマン出身。幼馴染のケリー・ジョーンズ(Vo/G)とスチュアート・ケーブル(Dr)が中心となり前身となるバンドを結成。97年の1st.Al『ワード・ゲッツ・アラウンド』が全英6位、ミリオンに輝いた2nd『パフォーマンス&カクテルズ』から07年の6th『プル・ザ・ピン』まで5作連続で全英初登場1位という驚異的な成功を収め(90年代以降ではオアシスの7枚連続1位が最高、次にステレオフォニックス、ブラー、レディオヘッド、コールドプレイの5枚連続)、16年間トップランナーであり続けた存在感は確かな風格と貫録に満ち溢れている。

●収録曲
01. ウィ・シェア・ザ・セイム・サン
02. グラフィティ・オン・ザ・トレイン
03. インディアン・サマー
04. テイク・ミー
05. カタコーム
06. ロール・ザ・ダイス
07. ヴァイオリンズ・アンド・タンバリンズ
08. ビーン・コウト・チーティング
09. イン・ア・モーメント
10. ノー・ワンズ・パーフェクト
11. スィーン・ザット・ルック・ビフォー
12. ヴァイオリンズ・アンド・タンバリンズ (ライヴ)
13. イン・ア・モーメント (ライヴ)





presented by beauty-city.com
posted by BA東京 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。